「日帰り」旅日記集(その6)

橋 幸男 って知ってますか?


98/06/07  潮来のイタロウ

日曜日が出勤なので子供たちが学校に行っている土曜日にCAMELとぶらっとドライブに出かけました。
南北どちらかにいくかもハッキリしないまま、高速にとりあえず日立南へ(^^;
走っている内に、ふと、潮来という言葉が湧き出てきて、二人とも行ったことなく、今「あやめ祭りだよ」のCAMELの声で決定。
「雨」の中の「あやめ」も間抜けでピッタシだ! なんて馬鹿話をしながら岩間ICまで直行。家を出て2時間後には潮来にいました。

肌寒い天気のせいで人手もまばら、ゆっくりと五分先程度のあやめを眺めてきました。櫓漕ぎの和船(1000円)に乗りたかったのですが、風が強くて運行中止でした。ビニール&アクリル窓の動力船は、なんとなくシラけるのでパス。
周囲を歩いてきましたが、あやめと言っても色んな種類があるのに感心しました。
真っ赤なあやめはなかったけど(^^;

近所の人がたむろしているお茶小屋?があったので中に入り、お茶を頂き「まこづくし」という細い竹の子のような材料を徹底的に使った(弁当700円)を買い込み、とても安かった公魚(ん? わかさぎってこう書くの? )の佃煮類をしこたま買い込んできました。
あとは恒例の地元スーパー巡り。ここでの発見は小魚。日立あたりでは見かけない体長5cm以下の「あじ」や「いわし」類がパック詰めや刺し身! で売っていました。

帰りは、霞ケ浦と北浦の間を走って鉾田に出る道を使いましたが、この道はお勧めです。信号がなく、空いています。快適に潮来へいくならどうぞ。

そうそう、「潮来のいたろう(漢字知らない(^^;) 」のBGM、しっかり流されていましたね(^^; まさかと思って行ったのですが(^^;

  ≡刀Нценцкi♪≡ (笛)


     戻る                  次のも読んでみる