日本海沿岸つれづれドライブ


秋田県縦横走行中・・・・

亀と笛の旅日記は、何故か旅の途中から始まることが多い。
この時もそうだった・・・・

元気に走り回っています。
昨日は温泉3箇所。最後は湯滝に打たれてきました。
今は田沢湖湖畔からのモバイルアクセスです。
良い天気、今から日本海方面へ向かいます

そして突然帰ってきて、思い出話を書く。これもこのパターンだった。

18日(19日)の深夜に始めた、笛亀恒例の行き先不明のミステリードライブ、無事終了しました。
とりあえず、無事帰着の報告です。
詳細は、夏ばて真っ最中のCAMELが後で書くはずなので、どんなところを走ってきたかを全編予告編イメージで書いておきます。

出かけたのは、19日の2時半、真夜中。一風呂浴びて目を覚まして出発。
帰ってきたのは、21日の20時半でした。
今回は、野宿トライも予定していたので、非力なデミオ(1300cc)がお供です。この車、ダブルベッドサイズのフルフラットシートになります。実際役にたちました。
買ったばかりのビデオ、アナログカメラ、デジタルカメラが記録係です。

総走行距離、1510km。10kmをcamelが運転した他は私が、猛烈ドライビングをしました(^^;
行ったところ、通ったところを順に書いておきます。

常磐道〜磐越自動車道 経由 東北自動車道
一関で下界へ。

早朝の誰もいない厳美渓を散策、

 逆戻りして猊鼻渓でのんびり&ゆったり川下り&上りで約2時間。
 また厳美渓を通って栗駒方面へ。

 岩手、秋田県境にある須賀湯で、ツアー最初の温泉。
 山を下って小安峡という渓谷で大噴湯を見学。階段500段。


@猊鼻渓



そこから泥湯温泉経由で河原毛地獄という荒れ地へ。
戻って別コースから河原毛湯にある「湯滝」で一風呂。        写真→笛@湯滝
生まれて初めて滝壷で打たれた。但し身も凍る冷水ではなく
強烈に酸っぱいお湯。目に入るしぶきで目が痛くなる。

そろそろ夕方。三途川を経由して湯沢方面へ。
途中で腹一杯の晩飯お食事。

13号線を北上、真っ暗な角館を通って田沢湖高原へ。
ここで車中泊。サンルーフを開けていると涼しい。熟睡。
早朝、無人の田沢湖へ降りて洗顔&コンビニメニュー朝食。
少し暑い。

田沢湖をほぼ一周して、これまた早朝の角館をノンビリと
往復ドライブ。

ここから、一気に八郎潟を目指す。
10時頃には、八郎潟中央。「日本一低い山」で一休み。
北海道顔負けの直線道路を走る。延々と続く防風林と

桜並木
が圧巻。
(このHPタイトル画面の最上部右側の写真がそれです。)

八郎潟を横切り、男鹿半島の最高位置にある展望台「寒風山」へ。
回転展望台で360度の視野を楽しむ。天気はまあまあ。

そろそろお湯が恋しくなったので、温浴ランド「男鹿」へ。
しょっぱい温泉。縦横20×10mはある大浴場を一人占め。
ここでゆっくりと休憩&お食事。昼寝1時間。風呂2回。

元気が出たところで男鹿半島一周ドライブを開始。
最初に入道崎。北緯40度
海岸沿の素晴らしい景色を眺めながらアップダウンの道を
ひた走る。来て良かった。

だんだん日が沈んできた。
日本海の夕日を見たい。海に落ちる太陽を見たい。
できたら鳥海山(^^;
アクセルに力が入る。と、言っても流れに乗っているだけ。
但し、早い。どこかの高速みたい(^^;

しかし、鳥海山の方向は曇り&遠雷雰囲気。
途中の名も無い漁港(実際はあるのだろうが)の堤防でしばし夕日を眺める。
近所の子供達がまだ泳いでいる。泳ぎながら夕日を見ている様子。
真っ赤に大きくなった夕日が水平線に沈む。雲が少し邪魔する。
陽に焼けて暖かい堤防が実に心地よい。
うーん。。。ロマンチックって感じ。

日が沈む頃、遠雷が近雷に。
再び走る。今夜の外泊地は鳥海山
しかしCAMELが疲れと腹の痛みを訴える。
山に登っても真っ暗&もし雨なら蒸されてしまう・・・

まずは、食事をとり、寝るだけにしておいて様子をみながら南下する。
途中で道の駅の展望台なんかで日が落ちた日本海と雷を楽しむ。

結局、カーをホテルにするのはあきらめカーホテルで一泊。
デッカイ浴槽で汗を流し、のんびりと一休み。
早朝出発。来た道を戻って全景が見える鳥海山を登り始める。
雲が上がっていくのと合せるように登る。
当然ながら車も人もまばら。
素晴らしい眺め。絶景かな。CAMELも感激。

国民宿舎の食堂で朝食。鳥海ラーメンと鳥海蕎麦
なぜかこちらのラーメンの麺はうまい。細くて縮れた腰のある麺。
スープもあっさりこってり。

山道コーナーを楽しみながら下る。超快適。
1300ccでも下りは早い。
そのまま、国道7号を南下。温海温泉へ向かう。

ここには、CAMELの姉夫婦が住んでいる。
立ち寄る。前日は、地区のお祭りだったみたい。
長男が、くじ引きで何と一等賞「日本海の海の幸」をゲットしていた。
超グッドタイミング(^^) 美味しいお魚でお昼。

しばし休んで帰路につく。
R7では面白くないので、笹川流しという名前のついた海沿いの道を行く。
奇岩と漁港が入りなす道をくねくねと進む。行き先は、新潟

18時ごろ磐越道のインターに到着。
デミオに鞭打ってひた走ること2時間半。
我が家に帰着しました。

以上、簡単に? 報告させていただきました。


      亀の旅日記へ→     ピッコロ仲間のレスポンス→