黒4ダム


白馬山の朝は、雨模様。でも空が明るいので大丈夫だろうということで早々に出発。
突然行きたくなった黒部第4ダムへ向かいました。

黒部へのアクセスは信濃大町〜扇沢という黒部のふもと町からスタート。
朝早いというのに駐車場は満杯状態。躊躇せずに路肩へ駐車してトロリーバス乗り場へ直行。
9時前にはダムの上にいました。
天気も眺めも最高、さすがにでっかいですね。スケールが違います。

二個所から放水していましたが朝日を受けて虹ができており、しばしポカンと眺めていました。自然破壊とかなんとか、いろんな意見があると思いますが、よくもまあこんなもの作ったもんだ! と素直に感心してまいりました。
湧き水をたらふく飲んで、持参した自転車用の水筒2本に水を詰め込んで、ケーブルカーでさらに上の黒部平へ。絶景を楽しんでから下山してきました。

帰る頃(お昼前)には、駐車場の手前約3kmは、大渋滞でした。
黒部へ行くなら朝早く行った方が良さそうです。

黒部の次は、白馬山のジャンプ会場へ。
ここは、ジャンプ台の最上部まで見学可能。50m下が透けて見えるグレーチング(金網)の階段を使って登っていきます。
私は、気持ち良く上がっていきましたが大半の人は恐る恐るという感じでしたね。
スタート地点から見るジャンプ台は、滑り落ちるというより転げ落ちる感じの急斜面、よくもまあ、あんな所から飛べるもんだ!と思いますね。私なら100万位貰わなきゃいやですね

MTBを積んだ車がやたらと目立つ白馬を跡にして、オリンピック新道を使って、再び長野へ戻り、せっかく来たのだからという理由で善光寺境内を眺めてきました。ここで時間は、17時。
さすがに疲れたので、オリンッピック用に新しく作られたホテルに狙いをつけ携帯電話で飛び込み予約。運良く長野市のど真ん中にある、新しいホテルを確保でき、これを書いています。

明日は、どこかな?

  ≡刀ふえふき♪≡


ホームへ戻る       ←前頁     次頁→      亀の感想文→    仲間の感想文→